自転車のタイヤがパンクした時の対処法!修理代金は?

この記事は2分で読めます

自転車大好きライダーなら、おそらく誰もが経験したことがあるであろう「パンク」事件。普通にのっていただけなのに、いきなりパンク・・・なんていう残念なことも起こりえます。

パンクすると、全然スピードでないですし、体力も使います。当たり前と思っていたもののありがたみがわかる瞬間ですね。。

スポンサーリンク


 

自転車がパンクするのはこんなとき

 

自転車がパンクするときっていうのは、

特に予兆がない場合もあります。

 

実は、小さい穴が開いていて・・・、

ちょっとずつ空気が漏れる可能性だってあります。


 

こういう小さいタイヤだと余計に、

すぐパンクしやすそうなイメージです(゜_゜)

(※ちなみに筆者の自転車です・・・パンクしましたw)

 

いろいろ調べてみると、自転車がパンクする理由、

いくつかありました。

 

その1)尖っているものを踏んだ

これはもう、イメージしやすいです。

尖ったものを踏んで、プシュー〜〜〜ってパターンのやすです。

 

その2)タイヤやホイールにキズがあった

ホイールとタイヤにキズが入っていると、

高圧状態のチューブに熱がでて、キズができるそう

 

その3)チューブにホイールのリムがかんだ

横断歩道などの段差で、チューブがリムに押し付けられ、

穴ができちゃってプシュ〜〜

 

その4)リムテープに不具合

タイヤの内側でパンクをしてしまうということ

 

その5)誰かのいたずら

これは、いうまでもなく、誰かが穴を開けたということ

 

どの原因も、いつ起こるかわからないですから、

パンクしたときの対処法を知っておくべきですね。

 

スポンサードリンク



 

パンクしたときの対処法は?

 

パンクしてタイヤがぺこぺこでも、

それでも私は走る!!!走るのよ!!!!

 

・・・・なんていって漕いでいると、

最終的にタイヤが余計悪くなる・・・という負のスパイラルが発生します。

 

なので、あまりむやみに漕いだりしないいようにしましょう。

これは鉄則です。
まずは、自転車をこがないこと

をやりましょう。

 

最初はきついですが、将来的にみたら、

あなたの愛する愛車のためです。

 

なので、パンクしたタイヤで自転車を使うことほど、

自転車のためにならないことはないです。

やめましょう。

 

 

そして、そのあとなんですが・・・、

どこに穴があいているのかっていうことを考える必要があります。

 

最近では、自転車のパンク修理セットというものも売っていて、

自宅で簡単に治すこともできちゃいます。

 

 

▽自転車パンク修理セット

 



 

 

自分じゃちょっと直せない・・・

という場合は、おとなしく自転車屋さんにもっていきましょう!

 

自転車屋さんであれば、パンクには、

平均で1,000円くらいはかかってしまうよう。

 

やはりプロに任せると、時間も手間も速いです。

パンクしないのが一番なのですが、活用してください〜!

 


スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。