中村修二教授の家族の学歴がやばい?年収や離婚の真相について!

この記事は3分で読めます

どーも、たこすけです。
日本人3名の方がノーベル賞を受賞されました!
そのうちの1人、中村修二教授についていろいろと調べてみまいた。
アメリカのカルフォルニア大学教授ってかっこよすぎます。

関連記事:
赤崎勇教授のノーベル賞受賞理由と海外の反応について!家族も!
天野浩教授の妻香寿美さんは一体何者?子供の学歴や画像も!

スポンサーリンク


中村修二教授のプロフィールについて


では、まず中村修二教授のプロフィールについてです。

中村修二教授

名前:中村修二
誕生日:1954年5月22日
国籍:アメリカ(生まれは日本)
出身校:徳島大学
所属:カリフォルニア大学サンタバーバラ校


現在の所属が、
カリフォルニア大学サンタバーバラ校
って・・・、かなりかっこいいですね。w

ノーベル賞を受賞されたことも気になりますが、
この学校についてもめちゃくちゃ気になりました・・・w

・・・調べました!


■カリフォルニア大学サンタバーバラ校



ちゃきーん。
大学の雰囲気はこんな感じ!

Screen Shot 0026-10-08 at 0.08.11

めちゃくちゃ空が眩しいです!
超美しい青が弘がっております。。すごい。

Screen Shot 0026-10-08 at 0.08.02

おそらくこちらは、学生さんたちの
自転車置場でしょうねヽ(´エ`)ノ
どこの大学もおんなじ感じですねヽ(´エ`)ノ


海も近いみたいで、サンセットなんかも、
かなり綺麗に見えるロケーションのようです。

こんなところで一度仕事をしてみたいもんです。。


家族の学歴について


ノーベル賞を受賞しちゃう方って、
やっぱりDNAレベルからして、
思考回路がすさまじかったのでは!?と思いませんか?

やっぱり、ノーベル賞を受賞する人なんていうのは、
凡人では難しいと思うんですよねー。。

一体どんな家族なのかも気になりません?w
どんな環境で育ってきたのかも知りたいところです!

スポンサードリンク



中村修二教授の家族についてですが、
まず、お兄さんはいらっしゃることはほぼ確定です。
インタビューで受け答えをされておりましたからね!


天才の家族も、もちろん天才だろう・・・!
ということで、学歴を調べようとしたところ、
こんな動画を見つけてしまいました・・・!(゜_゜)




この動画を見ていただければ分かるんですが、
「夢に向かって勉強を」
という言葉をおっしゃっていらっしゃいました。

・・・深い・・・!!!!!!

この言葉からも分かるように、
中村修二教授自身も、
夢に向かってこつこつと努力をされていたんだなー
ということがわかりました(´・ω・`)

DNAレベルの問題ではなかったということですね。
やっぱりコツコツと努力するのが一番の秘訣のようです。


年収は一体いくら?


カリフォルニア大学の教授というわけなので、
さぞかしお金もいただいているのでは??(´・ω・`)

というのが、正直気になるところではないでしょうか。


教授って一体いくら稼いでいるんですかねー??
論文の出来栄えだったり地位なんかにもよると思いますが、
ノーベル賞を受賞したとなるとギャラもあがるのか・・・(゜_゜)?


以前にノーベル賞を受賞した田中耕一さんなんかは、
ギャラを大幅アップするといわれたにも関わらず、
辞退をした!ということが印象に残っています。


大学の教授ともなると、
生徒さんも増えることが予想されますし、
臨時ボーナスくらいはでるんじゃないでしょうかね。


カリフォルニア大学の教授の年収は、
約1400万円ともいわれていますが、
今回の受賞によって、

2000万くらいにまで上がったのではないかなー
と予想しますね!

-引用


過去には離婚歴も?


中村修二教授で検索をすると、
「離婚」というキーワードが!

え、こんなやさしそうなのに???(´・ω・`)

と気になったので調べてみました。


そうしたところ、
以前に雑誌のインタビューなんかで答えていて、
アメリカのベンチャー企業についての話などで、
資産の話になったときに、

「まあ、この前離婚して半分失ったんだけどね(笑)」

という発言をしておりました。


おそらくこういった発言をしたことが、
中村教授が離婚した!ということをいわれた発端かと思います。


ただ、話の脈略から考えると、
知り合いの教授が離婚した・・・というような感じなので、
中村教授自身には離婚歴はないのではないでしょうか・・?(´・ω・`)



もし、あったとしても、
それはそれでギャップがあって新鮮ですねw

何はともあれ、日本人の方が海外で活躍されていると、
自分にもいい刺激がもらえて嬉しいです。

ノーベル賞受賞おめでごうございました!


スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。